×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

人によって状況が異なる

手術をすることで流産を防ぐことができるはずです。子宮奇形の種類にもよりますが、中隔壬冨であれば、前項で説明したように中隔部分を、子宮鏡下か腹腔鏡下手術によって切除して治療します。これによって、かなりの率で流産を防ぐことができるはずです。弓状子宮、単頭双角子宮や重複子宮の場合は、手術はしません。

 

 

それは、子宮に大きな切開を加えて形を修正する手術のため、かえって妊娠しにくくなる危険性が高いからです。また、これらの子宮奇形は中隔子宮にくらべて、流産しにくいことがわかっていますので、自然経過を見ることになります。ですから、妊娠を考えている場合も、とくに治療をする必要はありません。また、子宮奇形であっても、不妊症や流産の原因になっていなければ、手術をするO鐸奨増弩んなことに気をつければいいいでしょうか。安静を心がけ無理のない生活を送ることが重要です。

 

無理のない生活といっても、人によって状況もかなり異なりますから、主治医と十分相談し、その指導に従うことをおすすめします。場合によっては、人院が必要になるケースもあります。子宮奇形でも、自然分娩が可能なケースは少なくありません。たとえば、弓状子宮や単頭双角子宮など子宮頸部がひとつの場合は、逆子でなければ自然分娩が可能です。しかし、重複子官は、子宮頸部までわかれていて、子宮回が十分に開くことができないため、帝王切開が必要です。分娩方法について、主治医から出産前にくわしく説明を受けておくと安心です。